インプラント

インプラントは、人工歯根療法とも言われ、歯がなくなったところの歯根に当たる部分に人工歯根を埋入し、その上に人工の歯をかぶせる治療方法です。
手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定されるため、まるで自分の歯のように食事をすることができます。
また、見た目も自然に仕上げることができるため、人前でも口元を気にすることがなくなります。


Case1 前歯2本の歯根が折れてしまい抜歯と同時にインプラントを埋入した症例

受付

上顎の前歯の歯根が破折してしまい、保存治療が不可能でした。
CTで骨が十分あるのを確認し、抜歯と同時にガイドを使ってインプラントを埋入しました。
歯肉が不足していたため、口蓋部から歯肉を採取して移植しました。(結合織移植)

Case2 奥歯の入れ歯の違和感が強いためインプラントを選択した症例

受付


コンピューター支援システム(ガイドサージェリー)

受付

しむら歯科ではインプラント学会認定のインプラント専門医が治療を行います。歯科用CTを導入しており、3D画像を用いての正確な診断による安全なインプラント治療をお受けいただけます。さらにコンピューター支援システム(シムプラントガイドサージェーリ)を導入しており、術前にコンピューター上で手術設計をしガイドを作製します。これにより正確な位置へインプラントが埋入されます。
歯科技工はインプラント学会認定のインプラント専門歯科技工士が担当します。
インプラント専門医・インプラント専門歯科技工士・歯科衛生士がチームで治療にあたります。


サイナスリフト(骨造成)

受付

上顎の骨が不足していたためこのままではインプラントが埋入できません。

受付

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)を行いインプラントが埋入できるようになりました。

他院で上顎で骨が薄くてインプラントが不可能と診断されても、サイナスリフトやソケットリフトなどの骨造成を併用することにより、インプラントが可能となる場合があります。


静脈内鎮静法

大学病院の麻酔科と連携しています。点滴から麻酔をしリラックスした状態で手術を行えます。静脈内鎮静法といい、全身麻酔とは異なり意識を完全に失うわけではなく、リラックスした状態で恐怖心を感じることなく手術を行えます。恐怖心の強い方や、比較的大きな手術で1時間を超える手術の時などに行うと効果があります。

受付


治療の流れ

  • ①診断と治療計画:レントゲンやCTなどを用いて診断を行い、治療計画を立てます。
    ②インプラント手術:歯がなくなった所に、土台となるインプラントを埋入します。
    ③人工歯の取り付け:土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。
    ④アフターケア:インプラント治療後は正しいブラッシングを行い、3ヶ月~半年に一度は定期検診を受けてください。


インプラントの手術を行う際は、インプラントを受ける患者様のみの予約となります。他の患者様の診療は一切行いません。あらかじめご了承ください。

費用(税抜き)
インプラント埋入手術1歯 180,000円
インプラント上部構造1歯 120,000円~ 
ガイドサージェリー、骨造成は別途